ヒッチハイクせずにはいられない!

オトコ46才、ドロ沼の日常を捨てて、旅へ。ヒッチハイクの旅へ!!

五島列島ヒッチハイク☆2日目



f:id:riry1111:20180602185655j:image

 

おはおーは。

 

 

昨日の夜は。

スゴかった。

風が。。

雨も。

 

テント飛ばされるかと思ったよ。シュラフカバーしておいてよかった。それでも軽く浸水。

昨日はあんなに天気よかったのに。夜から一転。

 

キャンプ場のど真ん中に建てたもんだから。景色を欲張って。

海から風直撃。今日はちょっとテント移動するか。

 


f:id:riry1111:20180602185748j:image

 

風は止んだけど、寒いね。今日の五島。

 

 

誰もいないキャンプ場でのんびーり。

 

今日はのんびりデーにしようかな。

 

 


f:id:riry1111:20180602190544j:image

 

晴れてきた~みるみるうちに。

 

 

太陽、あったか~い✨

 

 


f:id:riry1111:20180602184837j:image

 

 

 

あ、管理人さん。

 

   

   きのうは雨、だいじょぶじゃった?

 

いやー、雨より風が。飛ばされるかと思いましたよ~。

 

    風は強かよ~

   あんた、どっからって言いよったか

 

埼玉です。

 

   あー、そやったな。五島はなんも

   ないやろ。

 

いやいや、もー昨日はそこらじゅう連れていってもらって、感動しまくりました。どこ行っても綺麗。

 

   そか?そしたらもう何日か

   ここにおんなさい。

 

そうしよっかな。まだ何にも決めてないんですよ~。今日も。

ちょっとぶらっとしてきま~す。

 

 

管理人のおばちゃま。昨日とぜんぜん違う。昨日はなんて愛想のない人なんだろと思ったのに。今日は話が止まらなそな勢いだった。

やっぱり人ってわからない。第一印象なんかじゃぜんぜんわからない。ね。

 

 

さあ、ヒッチハイクしちゃおかな。それとも、

 

あ、温泉。

 

 

温泉に行こー。ぬくぬくしよー。

いいね。いいね。

 

 

近くの温泉へ。歩いて。

 

 

わっ、真っ茶色。鉄だな。ここは。

 

鉄分ほきゅ~。

わ、鉄の味だ~

効きそ~。

ぬくぬ~く。

 

出る時に効能書きをチェック。

 

おっけーおっけー

“始めての方は5分から10分くらいにしてください”

おっけーおっけー

30分以上は入ったな、、、

おっけーおっけー

ちょっとメマイ、、、小心者。。。

 

 

やー、さっぱりしました。お世話になりました。スーパーは近くにありますか?

 

とっても丁寧に教えてもらい、

ぶらぶら、テクテク。

 

やー、きもちーなー

 


f:id:riry1111:20180602193719j:image

 

 

 

 


f:id:riry1111:20180602193759j:image

 

 

やっぱヒッチハイ、クー♪

 

きのう最後に連れていってもらった高浜海水浴場。きのうは砂浜には行かなかったからね。いっちゃお、今から。

 

5分もしないうちに軽トラ停車。

 

高浜まで行きたいんです。手前までで構いませんので。

 

ブーーーン

 

地元のおじちゃん。街まで買い物の帰り。

 

   どっからさ。

 

埼玉です。

 

    遠かねー。

 

 

最近何度か埼玉と言うと遠いねと驚かれてる。遠いといえば沖縄の方がもっと遠い。埼玉から。

でも沖縄では遠いねなんて言われなかった。おれが五島列島について全く無知だったように五島の人も島の外とは縁遠いのかもしれないなあ。

 

 
f:id:riry1111:20180603214637j:image

 

 

 

おじちゃんに電話が。

 

 

   時間あれば高浜までいくよって、

   ちょっと戻らんば。

 

あー、すいません。ありがとうございます。道沿いならどこでも。

 

 

ありがとうございました!!

 


f:id:riry1111:20180603213858j:image

 

 

やー、真っ青。

きのうの夜の風でいろんなもんが吹き飛ばされたね。やー、スゴい。

 

 

さあ、もういっちょ

 

高浜海水浴場まではあと3キロくらいっておじちゃん言ってたね。

 

 

クルマ少ないながら5台目くらいで軽自動車が止まってくれる。

 

ややご高齢おっちゃん。

 

高浜まで行きたいんです。

 

   家、高浜の手前やけんな。

   いっちゃるよ。

 


f:id:riry1111:20180603214042j:image

 

おっちゃん、仕事の帰りですか?

 

           病院行っとった。

 

どっか悪いの?

 

            透析やっちゅう

 

透析かあ、、糖尿、、、

 

    せや、ヨメコ死んでから

    ひとりやばってん、、、

    甘いものも大好きやしの

 

そっか、、

ひとりなんですね。

 

 

途中の食堂に。

ビニール袋持っておっちゃん戻る。

たぶん夕飯のお弁当、かな。  

 

   なんか飲むか?

 

ありがとうございます。初めて見るコーヒー、ピコっ。

 

   

   五島はなんもないけんな。

 

いやいやいや、もースゴいですよっ。どこ行っても。ほんと綺麗です。

 

 
f:id:riry1111:20180603214119j:image

 

あ~、高浜のビーチ。

やっぱスゲー。

 

 

 

おっちゃん、ありがと!!

 

ブーーーン

 

ありがとうございましたっ。

 

 

 


f:id:riry1111:20180603214153j:image

 

 

さあ、

 

 高浜ビーチ初上陸っ。

 

 



f:id:riry1111:20180603214247j:image

 

 

やーーー

 

 

す げ え  ー ー ー ー ー ー

 

 

 

キラキラだよーーーーー

 

 

 

 
f:id:riry1111:20180606113255j:image

 

 

 

しかも誰もいない!!

 

 

すげえ。

 

 

広い砂浜を、ふわふわの砂浜を

 

五感で堪能。

なんちゃって。

 

 

 

 

f:id:riry1111:20180606122907j:image

 

 

 

もー、夢の中だよ。現実か?

 

 

 

 



f:id:riry1111:20180606123137j:image



 

 

あっ、誰か来た。

女子っぽいな。

や、違うかな。

 

 

あっ、やっぱ女の人だな。きっと。

 

 

まあ声なんて掛けれない、よな。

 

 

広いビーチのあっちとこっち。

二人だけ。キラキラビーチ。

 

 

やっぱ気になる。でしょ。

地元の人ではない。多分。

ひとり旅、、?

まさか。日本人じゃないかもしれないしね。

 

 

あの人がいる側にも行きたいんだよな。でも行けない。

 


f:id:riry1111:20180606114821j:image


 

 

そしたらそこへ犬を2匹連れた女性現れる。

地元の人っぽい。なんか場の空気が緩む。

 

 

今なら行けそ~

 

それ~~~

 

ちょっと遠くから

 

こんにちは!!

      

             こんにちは。

 

おー、ジャパニーズ。若い子だ

 

やー、キレイなとこだね~

 

    そうですねっ

 

(おー、おー)

 

ほんとキレイすぎるね~、なんて言いながらちょっと近づいて。

ドキドキ。

あー、かわいい、、、

そりゃ、いかん、、、

なんでやねん。。

ドキドキ。

 

    おひとりですか?

 

そうなのよ。ひとり?

 

             はい。

 

そりゃいかん、、、

(^^)

 

 

今、来たの?

 

   そうです。

   五島には3回目です。

 

へー、3回。気に入ったの?

 

            そうなんですよ~。休みが取れたら

   五島に。

 

旅の話で盛り上がる。やや。。

(^^)

ヒッチハイク中ならめちゃ盛り上がってそうな旅好き同士の旅話。このシチュエーションだとやっぱドキドキ。

 

 
f:id:riry1111:20180606113604j:image

 

 

 

どこから?

 

 

          神戸です。

 

神戸なんだ~

 

(ん、神戸。あっ。)

 

 

神戸の人には思い出があるんだよ~。

 

10年くらい前に初めてヒッチハイクしたんだけどね、その時にね、初めて乗せてくれた人が神戸の人だったんだ~。女の人。

 

   へー。

 

でね!その人ね、その日、家に泊めてくれたんだよっ。

 

 

忘れもしませんよ。あの時。徳島に農業を勉強しに行ってた時。埼玉と何度か往復する用事ができてお金も厳しいし、ヒッチハイクしちゃおうとなって、徳島駅の先のほうの国道でスーパードキドキしながら始めた。

どれくらい待ったのか忘れたけど、ザザっと止まってくれたのがなんと女性。六つか七つくらいかな、年下の可愛らしい人だった。

あのことがなければ今回の旅には出てないかもしれない。ヒッチハイクはしてないだろな。この10年でヒッチハイクしたいなと思うたんびに考えてた。この世の中で、、初めてヒッチハイクして乗せてくれたのが年頃の女性で、しかも夜泊めてもらって、しかも指一本触れてない、、、(^^)

そんな人ぜったいにいないっしょ、って。絶対いない。そんなレア体験。

だから心の中ではヒッチハイクの申し子かも、なんて本気で思ったりしてた。

でも40を過ぎ、まさかまたヒッチハイクなんてな、と思って、た。

 

長くなってきたな。最近またブログ書くのが楽しくなってきて。

 

その子との思い出話をもうひとつ。

あ、やっぱ続きは次回へ。

 

新企画。一日を前編後編に分けてみます。

意味あるか?な。

 

 

 
f:id:riry1111:20180606113735j:image